こんな方にオススメ | スピークナチュラル評価と口コミ

MENU

「スピークナチュラル」はこんな方にオススメです!

 

 

スピークナチュラルCDボックス

 

英語の学習・習得にはいろんな不安や疑問がありますよね?

 

ここでは、そんな疑問にお答えしつつ
スピークナチュラルがどんな方に向いているのかまとめてみます!

 

 

 

スピークナチュラル,英会話教材,池田和弘お薦め,疑問スピークナチュラルはこんな不安を持つ方にオススメ!

 

 

 

よく「英語で話すためには英語で発想しなさい」って言われるけど・・・

 

不安顔

そうですね。
多くの英語教材や、ネイティブの教師たちは
「英語で話すためには、最初から英語で発想しなさい」って言いますよね。

 

確かに私たち日本人の多くは、英語で何か話そうとするとき
まず日本語で文章を思い浮かべ、それを英訳していく・・・という手順になりますよね。

 

和文を英訳する・・・だから、スラスラと英語が出てこないし
一か所つまづくとその先が全然話せなくなってしまう。

 

それはそうなのかもしれませんが、ある程度長い年月を
日本語だけで生活してきて私たちにとって「英語で発想する」なんて
本当にできることなんでしょうか?

 

「英語で夢を見るようになったら本物だよ」なんて言われても、全く現実味がありません。

 

で、「スピークナチュラル」はどうか?といえば
やっぱり、日本人だからこそできる学習法なんです。

 

どういうことかといえば、「英語で発想する」なんていう超人技はあきらめて(笑)、
日本語で発想して、それを英語に結び付けるスピードを上げる、という考え方なんです。

 

つまり、日本語の文章から英語の文章を結びつける「検索スピードをアップする」という訓練なんですね。

 

ひらめき

全てのレッスンは「日本語→英語」という順番で進められますので
私たち日本人にとって一番安心で、飲み込みやすいトレーニングだと思います。

 

確かに、日本人にやさしい方法になっている分だけ
英語の習得に少し時間がかかってしまうデメリットもありますが
プレッシャーのかかる学習法で挫折してしまうくらいなら、
このくらいのライトな感覚で、
あきらめずに毎日続けられることも大事なんじゃないでしょうか。

 

 

 

英語で話しかけられると、全く理解できなくてパニックしちゃうんだけど・・・

 

パニック!

 

少し英語を勉強すると、話すことはカタコトでもなんとかなるんだけど
聞き取る方はやっぱり苦手で・・・という方は本当に多いですよね。

 

ネイティブの人たちが普段話すスピード、いわゆるナチュラルスピードで聞き取れないと
本当に英語をの会したことにはならないって言いますけれど、
そもそもそのレベルの聞き取り能力が本当に必要なのでしょうか?

 

これは知り合いのネイティブのアメリカ人が言っていたのですが、
「相手が東洋人とわかっていて、ナチュラルスピードで話しかけるなんてありえない」

 

なるほど、確かに!

 

私たちだって、相手が日本人でないとわかっていて
日本語でぺらぺら猛スピードで話しかけるなんてありえないですよね?

 

「スピークナチュラル」は
この教材ならではの「超スロースピード」の音声で、
くり返し英語の聞き取り練習をするようになっています。

 

「超スロー」ではあるのですが、ただスローというわけではなく
最も記憶しやすいように、独特のポーズ(間)が取られています。

 

ナチュラルスピードの聞き取れないものを何百回聞くよりも、まずわかることが大事!
わかりながら、少しずつスピードを上げていく・・・これが「スピークナチュラル」のトレーニングなんですね。

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ 英会話教材はスピークナチュラル

 

 

 

英文法(グラマー)がとにかく苦手で、理解できてないんだけれど・・・

 

学校で習う中で、英語が苦手になったり嫌いになったりする最大の原因が
やっぱり文法じゃないかなって思うんですよね。
私も本当に苦手でした。

 

だから、最近出回っている英語教材の多くが
「文法は関係なし!良く使うフレーズを覚えるだけ!」っていう「完全記憶型」ですよね。

 

「スピークナチュラル」も、その点では他の教材と似たりよったりで
くり返しフレーズを聞くことで、使いまわしの効きやすいフレーズを覚えましょう!という
教材になっています。

 

ただ「スピークナチュラル」の場合、その覚えるフレーズが
極端に短い「シンプルイングリッシュ」であることが特徴なんです。

 

テキスト内容

 

基本的に一つのフレーズは「7単語」以下。
テキストをご覧いただければわかるように、一文はすごく短いですよね。

 

私たちも日本語で話すとき
「昨日、渋谷で、卒業以来10年会っていなかった山田君に久しぶりに会って
立ち話をしばらくした結果、来週改めて会って食事をする約束をしました」

 

会話

って一気に言えちゃう人は珍しいし、不自然な感じさえしますよね?

 

「昨日、渋谷で珍しい人に会ってね」
「卒業から10年くらい会ってなかった山田君だよ」
「で、立ち話してさ、来週会って食事することになったよ」

 

こんな短いフレーズの「シンプルジャパニーズ(?)」で話しますよね。

 

まず、思いつくまま短いフレーズでしゃべりだして、
付け足しの情報をどんどん足していく!っていう感じです。

 

こうした英語は、テストの模範解答にはならないでしょうけれど
実用性なら全然問題ないし自然だし、これくらいならなんとか話せそうな気もしますよね。

 

多くの方は、このシンプル・イングリッシュの考え方に
一番やる気を感じるのではないかと思いました。

 

■「英会話教材 スピークナチュラル」の対象となる方

 

  英語完全ビギナー〜英検準2級もしくはTOEIC500点くらいまでの方

 

■「英会話教材 スピークナチュラル」で身につくこと

 

・旅行や短期滞在で使える実用的な英会話
・ネイティブにもしっかり伝わる英語表現
・正しい発音とリスニング力

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ 英会話教材はスピークナチュラル

 

 

次のページではレッスンの内容を詳しく公開していきます!

 

次のページへ⇒ 「英会話教材 スピークナチュラル」のレッスン内容とは?

 

 
 

 

お申し込みはこちらのボタンをクリックして「公式サイト」から

 

挫折しない方法で英語を身につける!