レッスンの内容 | スピークナチュラルってどう?評価と口コミ

MENU

「英会話教材 スピークナチュラル」のレッスン内容とは?

 

 

このページでは、「英会話教材 スピークナチュラル」のレッスン内容について詳しく公開していきますね。

 

 

どんなレッスン内容なの?

 

「スピークナチュラル」には、英会話の基本パターンを覚えるために4つの話題(テーマ)が用意されています。

 

その基本トレーニングの話題とは・・・

その基本トレーニングの話題

 

海外でのショッピング

4つのテーマを見ると
「海外旅行」が題材になっている感じがしますが
けっして「トラベル英会話」を覚えることが
目的になっているわけではありません。

 

あくまでも、日常よく使われるフレーズを効果的に覚えるために
「旅行」というシーンを利用しているんですね。

 

 

 

 

マイクロ会話

 

上記の4つのテーマには、それぞれ40個の「マイクロ会話」が用意されています。

 

文字どおり、マイクロ・サイズのごくごく短いフレーズです。
4つのテーマに40個ずつですから、マイクロ会話は全部で160個あるわけですね。

 

「スピークナチュラル」のレッスンは、まず、この「マイクロ会話」を覚えることから始まります。

 

全て、テキストでフレーズを確認しながら
CDの音声を聞いて、効率的に記憶していくことができるようになっています。

 

「話題A 初対面の会話」の「マイクロ会話」の例

初対面の会話の「マイクロ会話」の例

 

「話題B 海外旅行編(買い物)」の「マイクロ会話」の例

 海外旅行編(買い物)の「マイクロ会話」の例

 

 

こんな感じの短い「質問」と「答え」…これが1つのマイクロ会話です。

 

単語数がとても少ないシンプルイングリッシュなので
これくらいならそれほど苦労せずに覚えられそうな気がしますよね。

パターン演習

 

続いてのレッスンは「パターン演習」です。
「マイクロ会話」にはそれぞれ「パターン演習」というものが用意されています。

 

たとえば、上記のマイクロ会話にはこんな「パターン演習」がセットされていました。

 

「話題A 初対面の会話」の「パターン演習」の例

「パターン演習」1

 

「話題B 海外旅行編(買い物)」の「パターン演習」の例

「パターン演習」2

 

 

こうしたパターン演習によって、マイクロ会話を応用したり、発展させることができるので
英語で表現出来る世界がどんどん広がっていくことになります。
これくらいのボリュームなら、サッと覚えて、すぐに使ってみたい気になりますよね。

 

このように「スピークナチュラル」では

 

レッスンの2ステップ

 

というステップを毎日続けていくことで、自然に応用力がひろがって
英語が無理なく口から出てくる体質を手に入れてしまおうというわけです。

 

テスト用CD スケジュールシート

 

左/テスト用CD3枚セット  右/スケジュールシート

 

また、それぞれのステップに「テスト用CD」も用意されています。

 

キリの良いところでテストを受けながら、
自分の理解の度合いをチェックしていくことができますからとても便利なんですね。

 

こうした毎日のレッスンは、付属しているスケジュールシートを使えば
自分で進み具合を管理することができます。是非活用したいところですね!

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ 英会話教材はスピークナチュラル

 

 

知っておきたい「コントロール会話」

 

スピークナチュラルの4つの話題(テーマ)の中に「コントロール会話」があります。
これは、私たち日本人としては、是非覚えておきたいフレーズなんです。

 

私たちがネイティブの外国人と会話する場合、
必ずしも最初からスムーズにいくとは限りませんよね。

 

そんな時、相手にお願いしたり、確認したり・・・と
会話をコントロールする必要が出てきます。

 

コントロール会話例

こんなふうに会話の流れを自分でちゃんとコントロールできると
心の余裕も違ってきますよね。

 

スピークナチュラルのユニークさのひとつが
こうした会話をコントロールするためのレッスンがわざわざ設けられている点です。

 

実際の会話の場面で「知ってて良かった!」と思える実用的なレッスンですね!

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ 英会話教材はスピークナチュラル

 

 

 
 

 

 

お申し込みはこちらのボタンをクリックして「公式サイト」から

 

挫折しない方法で英語を身につける!